ジャンプバグ、JUMP BUG

INST CARD でもちょっと書きましたが、GAMELISTでもすこし書いてみようとおもいます。

まず、オープニング。いきなりジャンプ台からワーゲンが飛び出して「ワーゲンの不思議な冒険が始まります。オープニングをここで一興。

「べべべべん、べべべ、べんべべんべべべべん」

「ズンズチャチャ、ズンズンチャチャ、ズンチャズンチズチャズン」

まあ、どっちでもいいっす(笑い)

このゲームに関しては、あんまりエピソードはないんですよね。ううむ。まあ、よく行ってたゲームセンターで、ディグダグを何万点か出すと、もう一ゲームなにか出来るっていうので、よくこのサービスゲームでジャンプバグをやってました。ここのジャンプバグは、基板の調子が悪かったのか、高音部が出ないやつだったんですよ。ピラミッド面とかで頂上にいくと

「キンキンキンキンキンキンキンキン」

とか、面クリアーの時

「べーべれべれべれべーべー(キンキキン)

ベーベレベレベレベレベレベン(キンキキ)

とかいう(なにがとかいうだかわかりませんが)BGMが流れるじゃないですか。この高音部(キンキンとか)がならないやつだったので、ほかのゲームセンターでジャンプバグやって初めてこの高音部があるのを知りました。

まあ、このゲームで楽しいのは、「?」の雲に乗って点稼ぎするとか、魔女を撃つタイミングの楽しさとか、ピラミッドで点稼ぎしないでいきなり噴水に乗って優越感を味わうとか、宇宙面でお金を連続で取って点数稼ぎするとか色々ありますが、なんといってもゲームが各シーンに分かれていて、ゲームをしていても飽きさせない演出が当時としては斬新でしたね。キャラクターの種類も色々ありましたし、自機の動きとか敵の動きとかのスプライトもきっちりとしていてゲームとしての完成度も高かったのではないか、と個人的に思っています。

とはいっても、まあ不条理ゲームですわな。ビルの上に金があったり、変な火星人みたいなのがいたり、火山面にダイアモンドがあったり、宇宙面に地上があったり。

ジャンプバグのお遊びとしては、海底面で、アンコウが出てくるところの上に黄緑色の変な壁があるじゃないですか。あたると

「べ、べ、べ、べ、べ、べ、べ、べ、ん」

とかいうやつ。これにわざとあたってなんとなく(笑)楽しんだりととか。あとは、最終面で、滑走路に着地しないでどこまで粘れるとか。あれって最後まで粘ることが出来るとループするんでしたっけ?自分ではやったことないけど人からそんなことを聞いた記憶がかすかに。

あとなんだろ。魔女を3人くらい出して恐怖感を楽しんだりとか。まあ、あとピラミッド面での点数稼ぎは INST CARD に書いたとおりっす。

まあ、こぼれ話として、新潟のとあるゲームセンター(国道116号線脇)に、ワーゲンが高いポールの上に乗っかっている看板(というか看板車)があったんですよ。昔は、よくビルの屋上とかに車とか飛行機とか乗っかっていることがありましたよね。ちょうど高いポールがたっていて、その上にワーゲンがのっかっていて(ルート116)とかいう看板車が高いところにあったんですよ。まあ、これをみて、「うーん、ジャンプバグ」とよくいってました。非常にローカルかつ一部の人間しかわからないネタですが(多分1,2人)

このゲーム、何点いったのかなあ。3周目くらいで終わってたかも。むふう。

INST CARD でもジャンプバグについて触れているので、ひまならみてね。


k-amano@kt.rim.or.jp

BACK